電子タバコと加熱式の違い

電子タバコと加熱式の違い 一般的な紙タバコは、紙に巻かれたタバコの葉に火を点けて、煙を吸うことで成分を体内に取り込む仕組みです。
電子タバコと加熱式タバコは、タバコの葉を燃やすことで発生する臭いや有害物質が出ないため、近年特に注目を集めています。
しかし、両方とも煙ではなく水蒸気を吸い込むという共通点はありますが、その成分には大きな違いがあります。
電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を熱することで発生する水蒸気を楽しむ嗜好品で、そもそもタバコの葉自体を使用しません。
リキッドはメンソールや柑橘系、甘い香りなど非常に多くの種類があり、その香りを楽しむのが主な目的となります。
加熱式タバコはタバコの葉を熱しているため、紙タバコと同じような成分が味わえますが、リキッドにはニコチンが含まれています。
日本ではニコチンを含んだリキッドを販売することを禁じていますので、正規の方法で購入できる電子タバコにはニコチンが含まれておらず、ニコチンによる健康被害がないメリットがあります。

加熱式電子タバコは受動喫煙のリスクがない?

加熱式電子タバコは受動喫煙のリスクがない? 路上喫煙を初め歩行喫煙は基本的に禁止、タバコを吸う時には決められた場所で行うのが現代のルールです。
さらに、喫茶店や飲食店なども喫煙席と禁煙席が分かれている、分煙化が進んでいますが、分煙化は受動喫煙のリスクを防止するために考案されたもので、第三者が喫煙者の煙を吸い込むことで健康被害を受ける、これを防止する方法でもあるわけです。
タバコの煙はニコチンやタール、その他の有害な物質が大量に含まれている、特に灰皿に吸いかけのタバコを置いている時に立ち上る煙は有害なものが多いと言います。
家の中でタバコを吸う時も、この煙が家族への身体に対して悪影響を与えるなど、電子タバコを利用する人も増えています。
電子タバコはヒーターやコイルなどの加熱素子を高温度にし、液体やタバコカプセルの素材を使って蒸気を作り出す加熱式タイプです。
これらの蒸気は吸引した時に発生するもので、置いてある時には蒸気は発生しませんので、煙のような受動喫煙のリスクがないわけです。

新着情報

◎2019/4/25

メーカーや種類について
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

電子タバコをインターネット上で購入
の情報を更新しました。

◎2018/12/7

電子タバコ商品の安全性
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

電子タバコの禁煙効果
の情報を更新しました。

◎2018/9/10

サイト公開しました

「電子タバコ 加熱」
に関連するツイート
Twitter

RT @Ortho_FL: 喫煙が身体に悪いという話になると、がんが思い浮かぶでしょうが、整形外科領域にも喫煙は影響します ・傷が治りにくい ・骨折がつきにくい ・骨密度の低下 ・腰痛の頻度増加 などが可能性としてあります これは加熱電子タバコでも起こる可能性があります…

Twitterポンコツ大将@Poohqq99

返信 リツイート 6:59

返信先:@LuckyStrike_202 コンビニで売ってる加熱式タバコは違法だけど水蒸気を吸う電子タバコは合法だからAmazonとかで買えるよ

#プルームS #プルームエス プルームSのアクセサリー全種類をまとめて紹介!フルコンプリートで加熱電子タバコ快適システムの構築を - ブログ作成ボタンを押しちゃった weblogian.com/entry/plooms-a…

Twitterガンダムーン@gunda_moon

返信 リツイート 1:32

iQOS電子タバコって言ってるクソ多過ぎるよな iQOSは加熱式タバコね 電子タバコのイメージ悪くなるからやめてほしい(電子タバコユーザー)

電子タバコでも加熱してるからね

電子タバコじゃなくて加熱式タバコです!!!(めんどくさい奴)電子タバコは~云々と続く

これは電子タバコではなく加熱式タバコ…… 電子タバコはVAPE……

どうでもいいけどアイコスは電子タバコじゃ無くて加熱式タバコ。

Twitterポケットの中の知@ChihaMaho

返信 リツイート 昨日 13:49

電子「タバコ」って自分で言っている謎… そしてこういう「加熱式はセーフ」と思ってる喫煙者はどこにでもいるんだなと思いました

加熱式の電子タバコ、紙巻タバコは怖くて吸えなくなったな

Twitter塩分控えめのhosono@hosono_fe

返信 リツイート 昨日 10:44