電子タバコ商品の安全性

電子タバコ商品の安全性 電子タバコ商品の健康に対する安全性に関しては、タールの有無があります。タールは従来のタバコに多く含まれており、これは火を付けて煙にすることで発生しますが、電子タバコの場合には火を使わずにリキッドと呼ばれる液体を気化させて吸引するというものです。このためタールが含まれていないためタバコよりは害が少ないといえます。ニコチンに関しては従来のタバコと同様ですので、ニコチンによる悪影響は考えられます。なおリキッドにはニコチンが含まれていないものもあり、香りだけを楽しむといったことも可能です。

一方で電子タバコの機器にも問題があるケースがあります。加熱をするためには相応の電気が必要でこのためリチウムイオンバッテリーを使っていることが殆どです。しかし、このリチウムイオンバッテリーは粗悪なものであったり高負荷によって劣化すると爆発する危険性があります。信頼できるメーカーの電子タバコ商品を購入する方が安全に使用することができます。

電子タバコに見られるさまざまな商品の種類と特徴

電子タバコに見られるさまざまな商品の種類と特徴 昔ながらの紙巻きタバコよりも、昨今では手軽に持ち運びが出来て注目度も高まってきている電子タバコですが、一言で電子タバコといってもいろいろな種類が存在しています。まず大まかな商品としては、紙巻きタバコのようにニコチンが含まれているものと、ニコチンではなくリキッド式のタイプのものも存在しています。そしてアイコスやブルーム・テック、グローなどの加熱式とリキッド式、リキッド式のベイプにも分類することができますし、それらの中でもさらに細かく種類を分けることも可能です。

たとえば加熱式の場合、加熱タイプとリキッドタイプがありますし、リキッド式もカートリッジタイプと使い捨てタイプ、リキッド式ベイプならMODタイプとペンタイプが存在しています。これらには商品によっていろいろな特徴がありますが、共通していることは紙巻きタバコよりも有害物質が少ないということで、さらにリキッドタイプの場合は香りのついた蒸気を吸いこむため、味や煙の濃さなども好みで選ぶことが可能です。

新着情報

◎2018/12/7

電子タバコ商品の安全性
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

電子タバコの禁煙効果
の情報を更新しました。

◎2018/9/10

サイト公開しました

「電子タバコ 安全」
に関連するツイート
Twitter